「首の痛み」「後頭部痛」「肩甲骨周囲の痛み」「手のしびれ」「めまい」「耳鳴り」「飛蚊症」などと闘っている方のために、 自分の経験を元に療養生活の知恵と医療情報をお届けします。

病気の知識 8


病気の知識 8     yakuzaishi_man.png

薬について(2)

 gatag-00013663.jpg





 ボルタレン


 非ステロイド性抗炎症剤

 消炎鎮痛解熱作用

 特に痛みを抑える作用が

 強いのが特徴です。


 また、内服と坐薬は

 解熱にも用いられます。


 炎症を起こしている原因は

 治せませんが、

 それに伴う症状を軽くして

 治癒を助けるものです。


 内服と坐薬は

 解熱や手術後の

 鎮痛・消炎に、

 さらに内服は

 神経痛や抜歯後などの

 鎮痛消炎にも

 用いられます。


 ゲル剤は、

 塗布により吸収されて

 局所の急性炎症に

 鎮痛作用を示します。


 私は、このゲル剤を

 家庭ではもちろん、

 バックの中に

 いつも携帯しています。





 リスミー

 睡眠導入剤

 催眠鎮静剤

(ユーロジン・

 ベンザリン・

 レンドルミンも同じ)


 短期作用型です。

 翌朝まで残る

 という方もいますが、

 それは睡眠のリズムが

 起床時間に

 合わなかったとか、

 別の原因が

 考えられます。


 緑内障のある方は、

 医師と相談してください。


 ハルシオンは、

 副作用でもうろう状態に

 なることもあり、

 犯罪に利用されました。


 処方された量を

 きちんと守りましょう。





 ◇デパス


 
精神安定剤

 抗不安剤

(セパゾン

 ホリゾン

 メイラックスも同じ)


 不安、緊張を

 やわらげる薬で、

 筋肉の緊張緩和に

 効果があります。

 処方されると、

 自分が

 精神病と診断されたと

 思い込む方もいます。

 でも、

 筋肉の凝りをとり、

 軽いうつ状態にも

 効能があるので、

 勝手に

 止めないでください。

 私は今も、

 一日3回服用しています。






 ◎医療情報満載⇒人気blogランキングへ



 ◇さらに詳しい情報は⇒FC2 Blog Ranking






テーマ : むちうち症
ジャンル : 心と身体

2016-06-23 : 病気の知識 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

みか

Author:みか
頸椎のアクシデントによる様々な
症状で悩んでいる方に、自分の
闘病経験から、役立つ医療情報
をお届けしていきます。

FC2カウンター

ブログランキング

FC2Blog Ranking


ご紹介している本

このブログの中でご紹介し、購入後の反響が大きかった書籍ベストスリーです。
私もこの「本」たちには、ずいぶん助けられています。

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索