「首の痛み」「後頭部痛」「肩甲骨周囲の痛み」「手のしびれ」「めまい」「耳鳴り」「飛蚊症」などと闘っている方のために、 自分の経験を元に療養生活の知恵と医療情報をお届けします。

病気の知識 10


病気の知識 10      
  doctor_illust02_02.gif

脳脊髄液減少症
(低髄液圧症候群)
の検査(2)



  kensa_soft.gif  
 






 MRI
(Magnetic Resonanse Imaging
 
;磁気共鳴画像)

 X線撮影やCTのように

 X線を使うことなく、

 その代わりに

 強い磁石と電波を使い

 体内の状態を

 断面像として描写する

 検査です。





 <造影
MRI

 ガドリニウムという

 造影剤を静脈からいれて

 撮像。

 髄液減少で生ずる

 頭蓋内変化(脳の下垂など)を

 調べる。


 脳脊髄液減少症

 (低髄液圧症候群)は、

 硬膜のびまん性肥厚

 (大脳鎌、小脳テントの造影)、

 小脳扁桃下垂、

 脳下垂体腫大、

 脳静脈拡張、

 橋底部の

 扁平化などで、

 診断します。

 


 造影脳MRI 矢状断 
矢状断

 縦の断面像です。

 脳の上部がスカスカ(スキマあり)

 と言われました。


 真ん中の縦長の塊が

 脳幹部(脳橋部)。

 扁平化とは、

 ふくらみがなくまっすぐに

 なること。


 この画像では、

 タツノオトシゴみたいな形ですが、

 私は左側も真っ直ぐで

 鋭角な逆三角形でした。


  右下部扇型が小脳。 

 下垂があるかどうか

 鼻の位置との角度で

 測ります。



 
 
造影脳MRI 冠状断
冠状断

 横から輪切りのような

 断面像です。

 造影剤を入れないMRIでも

 おなじみの画像でしょう。








 ◎医療情報満載⇒人気blogランキングへ


 ◇さらに詳しい情報は⇒FC2 Blog Ranking









テーマ : むちうち症
ジャンル : 心と身体

2016-07-21 : 病気の知識 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

みか

Author:みか
頸椎のアクシデントによる様々な
症状で悩んでいる方に、自分の
闘病経験から、役立つ医療情報
をお届けしていきます。

FC2カウンター

ブログランキング

FC2Blog Ranking


ご紹介している本

このブログの中でご紹介し、購入後の反響が大きかった書籍ベストスリーです。
私もこの「本」たちには、ずいぶん助けられています。

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索