「首の痛み」「後頭部痛」「肩甲骨周囲の痛み」「手のしびれ」「めまい」「耳鳴り」「飛蚊症」などと闘っている方のために、 自分の経験を元に療養生活の知恵と医療情報をお届けします。

病気の知識 13


病気の知識 13   
  i12345.gif

神経ブロック(1)


 12345.png  
 






 神経ブロックとは、

 様々な疾患からくる痛みや、

 まひ、

 循環障害、

 自律神経失調症

 などの治療に

 効果的な治療法です。


 痛みの原因となる

 知覚神経線維や

 運動神経線維、

 交感神経線維の

 異常な緊張や興奮を

 取り除き、

 その神経が支配している

 領域の痛みを

 断ち切ります。


 痛みが生ずると、

 交感神経が興奮し、

 筋肉が緊張・血管が

 収縮します。


 そして、

 充分な血液が流れず

 酸素不足になり、

 老廃物や発痛物質が

 蓄積してしまい、

 それが

 知覚神経を刺激して

 新たな痛みを生む

 という

 「痛みの悪循環」が

 生じます。


 末梢神経や

 交感神経節周囲に

 局所麻酔剤を

 注入すると、

 悪玉の

 交感神経線維が

 ブロックされて
 (機能が抑えられて)、

 末梢血管が拡張し

 局所の血行が

 改善され、

 組織内の酸素が

 豊富になり、

 その結果、

 「痛みの悪循環」が

 断ち切られ、

 痛みが緩和され

 完治します。


 現在、

 神経ブロック療法は

 約25種類程度あります。
 

 

星状神経節ブロック
(SGB)


 星状神経節は

 交感神経の一つで、

 体のさまざまな機能を

 調節する神経です。

 首に左右一対の

 交感神経の

 かたまり(神経節)

 があり、

 星のような形を

 しているものを

 星状神経節と

 呼んでいます。

 交感神経の

 役割のひとつに

 血液の流れを調節する

 機能があり、

 交感神経が緊張すると

 血液の流れに

 影響を及ぼします。

 ストレスにより

 肩こりなどが

 起こるのも

 交感神経の過緊張が

 血液の流れを

 悪くするために

 起こります。



適応症

 片頭痛、

 筋緊張性頭痛、

 群発頭痛、

 頸肩腕症候群、

 外傷性頚部症候群、

 胸郭出口症候群、

 肩関節周囲炎(五十肩)、

 レイノー症候群、

 帯状疱疹、

 脳脊髄液減少症
 (低髄液圧症候群)
 自律神経失調症、

 花粉症、

 アトピー、

 更年期障害など。



 …………………………
 私は、入院前から

 何度、この

 星状神経節ブロックを

 受けたでしょう。


 症状が強い時は、

 週3回のペースで

 2~3ヶ月

 通院しました。

 軽い時は

 週2回のペースで

 1~2ヶ月で症状が

 消失、

 軽減しました。


 仰向けで首に注射を

 受けるので、

 初めは緊張しましたが、

 医師がお上手だった

 のでしょう。


 一度も穿刺で

 痛い思いは

 しませんでした。

 ただ局所麻酔剤が

 注入される間は、

 症状が強い時ほど

 首から肩にかけて

 痛みがありました。

 慣れると

 それが体調のバロメーター

 になりました。



 注入したほうの手が、

 暖かくなったり、

 手のひらの発汗中止で

 さらさらになるので

 効果が実感できます。

 30分安静にした後に

 帰宅できます。

 私は注入側の

 まぶたが腫れるの

 ですが、

 1時間以内に

 元の顔に戻れます。



 2回ほど

 声のかすれが出て

 咳き込むことが

 ありましたが、

 やはり1時間ぐらいで

 治りました。



 詳しくは、

 下記の書籍を

 ご覧ください。



 
しつこい痛みの治療―神経ブロック療法
 NHK出版







 ◎医療情報満載⇒人気blogランキングへ


 ◇さらに詳しい情報は⇒FC2 Blog Ranking









テーマ : むちうち症
ジャンル : 心と身体

2016-08-25 : 病気の知識 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

みか

Author:みか
頸椎のアクシデントによる様々な
症状で悩んでいる方に、自分の
闘病経験から、役立つ医療情報
をお届けしていきます。

FC2カウンター

ブログランキング

FC2Blog Ranking


ご紹介している本

このブログの中でご紹介し、購入後の反響が大きかった書籍ベストスリーです。
私もこの「本」たちには、ずいぶん助けられています。

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索