「首の痛み」「後頭部痛」「肩甲骨周囲の痛み」「手のしびれ」「めまい」「耳鳴り」「飛蚊症」などと闘っている方のために、 自分の経験を元に療養生活の知恵と医療情報をお届けします。

病気の知識 16


病気の知識 16  
  job_nurse_man.png

腰椎穿刺脊椎穿刺


 kenkoushindan_monshin.png  
 






 脳と脊髄を取り囲む

 液体(脳脊髄液)を

 注射針で吸引して

 採取し、調べます。



 小さな穿刺針を、

 第3腰椎と

 第4腰椎の間に

 刺しこみます。



 後ろから

 針を刺されるので

 恐怖を感じますが、

 痛いのは

 皮膚の麻酔注射

 だけで、


 採血と同じ

 一瞬の痛みだけです。



 手で膝を抱えて、

 胸部にあごを

 押しつけた状態で、

 横向きに

 横たわります。


 (この処置は、
  前屈みに座らせて
  実施されることも
  あります)


 同意書に署名する

 必要があります。

 検査後

 時間から時間は、

 安静が必要です。



 合併症


 一過性の頭痛、

 頭痛が重症化した

 場合は、

 脳脊髄液が漏出により

 特発性低髄液圧性頭痛、


 一時的な背部痛。


 穿刺針が神経にあたり、

 下肢の痺れや痛み、

 感覚障害、

 運動機能障害が

 一過性に出現しても


 徐々に回復しますが、

 医師、看護師に

 相談してください。


 (セカンドオピニオンも
  利用してください)


 腰椎穿刺は、

 虫垂炎(盲腸)の麻酔で

 経験していらっしゃる人も

 いるでしょう。


 昔は、

 かなり痛みや苦痛が

 伴うものでした。


 私も、子供の時に

 姉が盲腸の手術で、

 「腰椎穿刺の

  麻酔が辛かった」と

 何度も

 聞かされていました。



 痛みで患者さんが

 動いてしまい、

 脊髄神経を痛めた

 症例もありましたが、


 現在は前処置として

 局所麻酔注射を

 しているので、

 そういう心配は

 ないようです。







 ◎医療情報満載⇒人気blogランキングへ


 ◇さらに詳しい情報は⇒FC2 Blog Ranking









テーマ : むちうち症
ジャンル : 心と身体

2016-09-28 : 病気の知識 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

みか

Author:みか
頸椎のアクシデントによる様々な
症状で悩んでいる方に、自分の
闘病経験から、役立つ医療情報
をお届けしていきます。

FC2カウンター

ブログランキング

FC2Blog Ranking


ご紹介している本

このブログの中でご紹介し、購入後の反響が大きかった書籍ベストスリーです。
私もこの「本」たちには、ずいぶん助けられています。

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索