「首の痛み」「後頭部痛」「肩甲骨周囲の痛み」「手のしびれ」「めまい」「耳鳴り」「飛蚊症」などと闘っている方のために、 自分の経験を元に療養生活の知恵と医療情報をお届けします。

むちうち闘病記 5


むちうち闘病記 5 illust4240.png



入院までの憂鬱な日々(5)




 864060ab.jpg





私は、鍼灸院に

通い始めた。


そこの鍼灸師は

優しい方で、

「こんな岩盤みたいに

 カチカチで

 よくいられるね」

と、針の他に

マッサージ、電流や

ローラーの器械での

治療を行なってくれた。


1時間ぐらいかかる

治療なのに、

針は保険適用なので、

1回2400円と

安価なのも

良心的だと思った。


ところが、

数回目の

マッサージの時に、

「こんなに堅くては

 何とかしなくちゃ!」

と、痛くて

悲鳴をあげるほど

ギュウギュウと

揉まれたり、

背骨全体を

何度も強く押された。


私にとって、

拷問のような

痛さだった。

鍼灸師は、

「痛いのは

 当たり前だよ。

 岩盤だもの」

と続ける。


しばらくは歩けず、

迎えの車の

助手席でも、ぐったり。

帰宅後は寝込んだ。


麻酔科の医師に

相談すると

「マッサージの後に

 痛みがでるのは

 よくあることだが、
 
 痛いのが

 辛いほどなら

 診断がでるまで

 休んでみたら

 どうですか?」

と言われたので、

次回の予約は

キャンセルした。

その判断は

正しかったと思う。


拷問のような

マッサージを

受けてから、

首や背中の痛み、

めまいや頭痛も

ひどくなり、

座っているのも辛い

状態になってしまった。

仕方なく、

寝ているしかなかった。


母から

子供の頃だったか、

「家族の心をつかむのは、

 胃袋をつかむことだ」

と言われたことがあった。


主人と男の子二人の

家族を持つことにより、

それを実感していた。

手抜き料理はしても、

「胃袋を満足させる」

ことだけには、

常にこだわっていたので、

それができないのが

一番辛かったので

落ち込んだ。

家族も不安そうだった。


星状神経節ブロックを

受けた日だけは

痛みが楽になるのだが、

背中はコンクリートで

固められたように

ガチガチで、

手足のしびれと、

動かしにくさは

ひどくなるばかり。


心も身体も

ボロボロのような

状態の中、

突然

冷たい刺激がないのに

レイノー現象が

現われた。


私の思考回路は、

「これは血流の問題だ。

 ストレスが血流を

 悪くしているのだ」
 
「検査しても

 何も出てこないに

 決まっている」

と勝手に結論を出した。


だが、

全く根拠のないことでは

なかったのだ。

今のクリニックで

一緒に糖尿病外来を

8年間やっている医師が、

めまいで

脳外科に受診したら、

「遺書を書いたほうが

 良い」

とまで言われて、

私もひどく心配したのに、

ストレスによる

血流障害だったのだ。







◎医療情報満載⇒人気blogランキングへ



◇さらに詳しい情報は⇒FC2 Blog Ranking






テーマ : むちうち症
ジャンル : 心と身体

2017-06-24 : 入院までの憂鬱な日々 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

みか

Author:みか
頸椎のアクシデントによる様々な
症状で悩んでいる方に、自分の
闘病経験から、役立つ医療情報
をお届けしていきます。

FC2カウンター

ブログランキング

FC2Blog Ranking


ご紹介している本

このブログの中でご紹介し、購入後の反響が大きかった書籍ベストスリーです。
私もこの「本」たちには、ずいぶん助けられています。

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索