「首の痛み」「後頭部痛」「肩甲骨周囲の痛み」「手のしびれ」「めまい」「耳鳴り」「飛蚊症」などと闘っている方のために、 自分の経験を元に療養生活の知恵と医療情報をお届けします。

むちうち闘病記 8


むちうち闘病記 8 f6fc5ba819d2a7a21468794c98a17841.png



入院までの憂鬱な日々(8)




 chusya_saiketsu_woman.png





入院は、

5月26日になった。

入院期間は、

約2週間ということだ。

RI 脳槽シンチ

イソビスト脳槽CT

27日、

造影脊椎MRI

29日に決まった。

生理食塩水硬膜外持続注入

6月3日に決定した。


リスクの多い

検査や治療を

受けることになる。


付き添いの兄嫁にも、

私が調べたことや

不安を

相談していたので、

私が

入院を承諾したことに、

「やっぱり、受けるんだ」

と、ひと言。


「今の状態では、

 何とか治さなければ、

 しょうがないものね」

自分の決断に対して、

自分自身に

納得させるように

答えた。


脳外科終了後、

星状神経節ブロックを

受けに麻酔科受診。

「時間がかかって

 大変でしたね」

予約時間より

大幅に遅れたのに、

看護師さんから

心から気遣う言葉を

もらった。


この看護師Sさんは、

涼やかな声が

魅力の人で、

忙しい時でも

患者への気遣いの言葉を

必ずかけてくれる。

私も

見習わなければ――と

常に感じさせてくれる

人だ。


麻酔科のT医師が、

入院が決まったことに

触れた。

何故か急に

不安がこみ上げてきた。


生理食塩水硬膜外持続注入

6月3日に決定した

ことを伝えて、

「麻酔科の先生と

 一緒に行なうらしいの

 ですが、

 先生がやってくださるの

 ですか?」

と、すがるように尋ねた。


この時の私は、

張り詰めた緊張が取れ、

不安丸出しの

哀れな姿だったと思う。

施行するのは、

勉強熱心な

別の医師だけれど、

都合がつけば

同席してくれる――と

言ってくれた。

本当に嬉しかった。 


そして、

帰宅後は忙しかった。

痛みが楽なうちに、

職場への連絡や、

入院までに

やっておかなければ

いけないことを

考えなければならない。


まず、

病院でもらった書類を

確認して、

種類別に

ファイルに整理した。

提出する書類は

入院当日でよい。

新しい

「低髄液圧症候群で入院する方へ」

を読んでみる。


変わったところは、

検査項目に

ICPモニタリング

加わったことと、

同意書が

4通りの方法から

決断するようになっていた。








◎医療情報満載⇒人気blogランキングへ



◇さらに詳しい情報は⇒FC2 Blog Ranking






テーマ : むちうち症
ジャンル : 心と身体

2017-07-28 : 入院までの憂鬱な日々 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

みか

Author:みか
頸椎のアクシデントによる様々な
症状で悩んでいる方に、自分の
闘病経験から、役立つ医療情報
をお届けしていきます。

FC2カウンター

ブログランキング

FC2Blog Ranking


ご紹介している本

このブログの中でご紹介し、購入後の反響が大きかった書籍ベストスリーです。
私もこの「本」たちには、ずいぶん助けられています。

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索