「首の痛み」「後頭部痛」「肩甲骨周囲の痛み」「手のしびれ」「めまい」「耳鳴り」「飛蚊症」などと闘っている方のために、 自分の経験を元に療養生活の知恵と医療情報をお届けします。

むちうち闘病記 11


むちうち闘病記 11 3783f92e7c8da65db012039f94db6c62-150x150.gif



入院までの憂鬱な日々(11)




 computer07_woman.png





「困った時は、お互い様」
 
でも、私は皆に

同じような心遣いが

できていただろうか?


心から皆様の優しさに

感謝する気持ちと、

私だったら

自分にかかる迷惑

について
 
考えないだろうか

と、心配になった。


お節介なくせに、

マイペースが阻まれると

混乱してしまう

ことがある。

だから、人に

「優しいね」

と言われても、

「周りの勘違い」

と、自分では

常に思っていた。


それでも、

そんな自分が好きで、

「生まれ変わるなら

 絶対に自分以外

 考えられない」

と、

おめでたいくらい幸せに

暮らしていたのだ。


「ボランティアとは、

 自分で考えて

 行動することだ」

と、西洋的な理解で

励んでいた。

相手にとって

一番必要な事は何か?

相手に

自分の気持ちを

押し付けていないか?

そのことだけに

気を使いながら、

苦労もなく

ボランティアにも

積極的に活動していた。


ところが突然、

そんな自分の言動が

相手を傷つける事が

あるのだと解った。

きっかけは、

女性同士でよくある

陰口・中傷だった。


その内容は、

周囲があきれるほど

全く事実と違う作り話

なのだが、

私に対する態度は

調子よく、

いつもおだててくるので、

その豹変振りに、

大きなショックを

受けたのだ。


その時の状況は

私が被害者だった。

泣いたり、

怒ったりと、

どんな言動も

周囲の優しい人達が、

受け入れて

認めてくれた。


たまたま、

糖尿病の患者さんや

高齢者の

考えや行動について、

カウンセリングの勉強を

していたのが

良かったのだろう。


心理療法などの勉強は

いろいろなものを数年

続けていたのだが、

その時は、

メールで通信講座を

受けていた。

自分の心の動きを

思う存分書き込み、

丁寧な返事が

もらえたので、

勉強しながら

カウンセリングを

受けているのと

同じだった。


「自分の心の悲しみや怒り」

と対峙したら、

「相手の心の傷」に

「思い」がいった。
 
そして、

「自分も加害者だ」

という辛い事実を

初めて知ることになり、

「自分も傷ついた分、

 相手を大きく傷つけて

 しまっていたのか」

と気づき、

唖然としてしまった。


流れた涙は多かった。

おめでたく

生きていた分の量が

どっとあふれでた

のだから…。


でも、相手を許し、

そして、自分も許せた。

大きなエネルギーと

時間を費やしたが、

私は

「自分が

 一番大好きな自分」を

受け入れ、

元の私に戻ることが

できたのだ。









◎医療情報満載⇒人気blogランキングへ



◇さらに詳しい情報は⇒FC2 Blog Ranking






テーマ : むちうち症
ジャンル : 心と身体

2017-09-01 : 入院までの憂鬱な日々 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

みか

Author:みか
頸椎のアクシデントによる様々な
症状で悩んでいる方に、自分の
闘病経験から、役立つ医療情報
をお届けしていきます。

FC2カウンター

ブログランキング

FC2Blog Ranking


ご紹介している本

このブログの中でご紹介し、購入後の反響が大きかった書籍ベストスリーです。
私もこの「本」たちには、ずいぶん助けられています。

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索