「首の痛み」「後頭部痛」「肩甲骨周囲の痛み」「手のしびれ」「めまい」「耳鳴り」「飛蚊症」などと闘っている方のために、 自分の経験を元に療養生活の知恵と医療情報をお届けします。

むちうち闘病記 15


むちうち闘病記 15illust2547_thumb.gif

 


入院生活<3>


hospital_nyuin_syokuji.png





昼食時は、

外来での検査や

星状神経節ブロックで

入室が遅れて、

『早く休みたい


ということしか

考えられなかったので、

とりあえず

身体に入るものだけを

口にした。


だから、

食事の内容など

全く記憶にないし、

感想もなかった。


しかし、

落ち着いた頃に出された

夕食を見たとき、

思わず

考え込んでしまった。


ご飯は

どんぶりサイズの容器に

目いっぱい

盛られている。

だが、

おかず(主菜と副菜)は

小さな容器に

煮詰められたもの

だけだった。


自分のこれまでの

入院生活でも

身内や知人の

お見舞いに行っても、

病院食とは

思えないほど

見栄えが良いものを

見てきて、

平均すると

ちょうど

「定食屋さんのメニュー」

と同じだった。


ここの病院食は

忠実に厳密に

理想の食事バランスを

保っていたのだろう。

お弁当箱に

入ってみれば

納得できるバランス

ではあるが、

トレイの上に食器に

個別に並べられると

何とも寂しい食事に

見えてしまう。


私自身、

勤務していた

クリニックの

糖尿病教室で

栄養士さんと

食事指導を話し合い、

目でわかる食事量を

患者さん達に

提示していたが、

ここまで

寂しくなかったと思う。


夫が

「おかずがこれだけ?

 寂しいね」

と、言った。

「やっぱり? 

 私は食欲ないから

 ちょうど良いけど、

 何か寂しいよね」

と言ったら、

同室の患者さん達から

声が上がった。


「K病院の食事は

 豪華でしたよ」

「早く退院して、

 おいしいもの

 食べたいですね」

不満を感じていた

のだろう。

次々におしゃべりに

花が咲いた。


そして、私がお

箸が長く持てず

座位が長く保てない

様子を見て、

言ってくれた。

「辛そうね。

 何でも頼みたいことは

 言ってくださいね」


入院初日は

順調に思えたが、

夜になると後悔した。

「やっぱり、

 お昼寝をしておけば

 よかった」






 
◎医療情報満載⇒人気blogランキングへ



◇さらに詳しい情報は⇒FC2 Blog Ranking






テーマ : むちうち症
ジャンル : 心と身体

2017-10-17 : 入院生活 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

みか

Author:みか
頸椎のアクシデントによる様々な
症状で悩んでいる方に、自分の
闘病経験から、役立つ医療情報
をお届けしていきます。

FC2カウンター

ブログランキング

FC2Blog Ranking


ご紹介している本

このブログの中でご紹介し、購入後の反響が大きかった書籍ベストスリーです。
私もこの「本」たちには、ずいぶん助けられています。

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索